このページに掲載している現地発着ツアーはインターネット申込み専用であり、お客様とベルトラ社の契約となります。近畿日本ツーリストの店舗ではご相談やお申込みを受付しておりませんので予めご注意ください。 また近畿日本ツーリスト㈱、 並びに株式会社ユナイテッドツアーズは、当該会社との契約の不履行や損害に関して一切責任を負いません。必ずベルトラ社のサイト規定を熟読の上、ご利用ください。商品に関するお問い合わせにつきましてはこちらをクリック

  タイ観光・アクティビティの満足度5つ星 新着体験談

by: タイ大好きさん アユタヤも水上マーケットもわかりやすい解説で最高でした。 ガイドの方が日本語も非常に良い堪能で、現地だけではなくバスの中でも豆知識や値切るためのタイ語などをレクチャーしてくれて非・・・続きを読む
アユタヤ遺跡+象乗り体験+水上マーケット 1日観光ツアー<ホテル送迎/ソンブーンのカニカレーランチ付きプランあり>
(1238)
by: msyさん 真っ白な砂浜、エメラルドグリーンの海でダイビング! ツアー中、日本人のガイドさんと、日本語の喋れるガイドさんが付いてくれて何の心配もありませんでした。 ダイビングも初・・・続きを読む
コーラル島1日ツアー+体験ダイビング+象乗り☆お子様(8歳以上)もダイビング可能!<コーラルアイランドリゾート指定・ランチ付/日本人インストラクター同行>
(72)
by: Masaty さん 午後から半日凝縮ツアー、半日市内観光と、グランドパール号ディナークルーズ 今回初めてのタイ、バンコク旅行で英語が話せない私達夫婦には、もってこいのプランでした。早朝にバンコク入りし、ホテルにも7・・・続きを読む
午後から半日凝縮ツアー バンコク市内観光+グランドパール号ディナークルーズ<午後/ホテル送迎/日本語ガイド>
(6)
by: 虫好きさん 大自然満喫!! タイといえば、ということで象乗りトレッキング付きのツアーに参加しました。 このツアーの象乗りアクティビティの特徴は、ア・・・続きを読む
世界自然遺産カオヤイ国立公園+本格!象乗りトレッキング 自然満喫1日ツアー<英語ガイド/タイ料理昼食>
(322)

タイの観光エリア基本情報

バンコク

タイ随一の大都会バンコク。1782年、対岸トンブリーから現在の場所に遷都されて依頼、発展を続けています。スワンナプーム(バンコク)国際空港からバンコク市内は30分から1時間程度。市内の林立した高層ビル、その間を行き交う人々と数々の露店。観光からナイトライフまで存分に楽しめるエネルギッシュなメトロポリスです。

プーケット

世界的に有名なタイのリゾートアイランド、プーケット。ビーチ1つとっても、プライベートからにぎやかな開放感のあるビーチまで、自分好みに応えてくれます。バンコク国際空港から国内線に乗り換え約1時間30分。豊富なマリンスポーツが体験できます。

チェンマイ

タイ北部にある第2の都市チェンマイは、かつての繁栄の面影が残る古都。歴史ある寺院や遺跡群、美しい工芸品が、訪れる人々を魅了します。バンコク国際空港からは、飛行機で約1時間15分。市内の寺院を巡るコースや、豊かな自然に恵まれた世界遺産スコータイへの観光ツアーも人気です。

サムイ

タイランド湾の西に位置し、タイで3番目に大きな島であるサムイ島。「ココナッツ・アイランド」という別名を持つほど、数多くの椰子の木が生い茂っている南国リゾートです。バンコク国際空港から国内線に乗り換えて約1時間20分。手つかずの自然が多く残っており、美しいビーチでのんびりと過ごしたい人におすすめです。

パタヤ

タイを代表する人気ビーチリゾート地の一つ、パタヤ。バンコクからは160キロほど離れており、バスで2時間半ほどの場所にあります。マリンスポーツを楽しむことができるのはもちろんのこと、観光名所も多く、ナイトライフも楽しめるので、多くの観光客でにぎわっている人気の都市です。

タイのお役立ち情報

タイの気候について

タイは熱帯性の気候で、暑季(3~5月)、雨季(6~10月)、乾季(11~2月)に分かれています。年間平均気温は30度近く、1年中蒸し暑いので、服装は通気性の高いものを持って行きましょう。一番観光に適しているのは11~2月の乾季で、雨もほとんど降らず、快適に過ごすことができます。

タイの旅行費用について

タイ旅行にかかる費用を節約したいなら、まずはおすすめするのはタイから日本までの往復航空券を格安LCCで手配することです。旅行費用のかなりの部分を占める航空券の値段が安く済むと予算節約にはとても効果があります。また、国内移動においてもLCC利用した場合の費用がバスや鉄道利用と比較しても差がない場合もあります。

タイのネット環境について

タイのwifi事情ですが、現地の無料wifi環境はかなり整っていると言えるでしょう。駅や観光地などでは「Free Public Wi-Fi」という無料wifiスポットが使えますし、カフェやホテルでも無料wifiが使えるところが多くあります。タイに着いた瞬間から常にネットに接続していたいという人は、日本でwifiルーターをレンタルしていくのもおすすめです。